ガッと力が入った!?高橋真麻、安産の立役者は「坂上忍」だった

ガッと力が入った!?高橋真麻、安産の立役者は「坂上忍」だった

ガッと力が入った!?高橋真麻、安産の立役者は「坂上忍」だった

 フリーアナウンサーでタレントの高橋真麻が5月1日、第1子を出産したことがわかった。同日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)が伝えた。

 番組では、日本テレビの水卜麻美アナウンサーが真麻からのメッセージを代読。「このたび第1子を出産し、本日退院しますことをご報告させていただきます。たくさんの方々に支えていただいたおかげで、母子共に健康な状態で自宅に戻れます事を心より御礼申し上げます」と伝えた。

 続けて「我が子は私が産まれたときと同じでガッツ石松さん似なのですが、これからどのように成長、変化していくのか楽しみです」とし、「私自身が両親からたくさんの愛情で育ててもらったように、夫婦力を合わせ頑張って参ります。引き続き、温かく見守っていただけますと幸いです」と結んだ。

 同日放送のバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)でも、番組にあてた真麻のメッセージを紹介。安産だったのはMCを務める坂上忍のおかげであることが明かされた。

「真麻のメッセージによると、出産当日は病院の分娩室で『バイキング』を見ていたようです。ところが、急に子宮口が開き、慌てての出産になったとか。テレビ画面で最後に見たのが坂上で、おかげでうまく力めて、初産にしては珍しいほどの安産だったと先生に言われたそうです。このコメント受けて、リモート出演したお笑いタレントの土田晃之は『坂上さんに対して日頃からちょっとした怒りとかあったのかもしれませんね。ガッと力が入ったのかも』と絶妙の返しを見せ、坂上も笑っていましたね」(テレビ誌ライター)

 毒舌でときには反感を買うこともある坂上だが、真麻の安産には貢献していたようだ。

(石田英明)

関連記事(外部サイト)