“ニュー信長”が抜群!「麒麟がくる」染谷将太は“痴れ者”上手

“ニュー信長”が抜群!「麒麟がくる」染谷将太は“痴れ者”上手

“ニュー信長”が抜群!「麒麟がくる」染谷将太は“痴れ者”上手

 これまでは多くの俳優たちに“短気で激しい気性の男くさいキャラ”として演じられることが多かった織田信長。ところが放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)で染谷将太が演じている信長は、ピュアで研究熱心なために周囲から“痴れ者”と見られがちな、これまでにはなかった新しい人物像となっている。奥菜恵の3度目の夫として知られる木村了演じる弟の信勝のほうが、自分より母親から愛されているとやきもちを焼き、帰蝶(川口春奈)との祝言をすっぽかしたかと思えば素直に謝るなど、時としてクスッと笑えるかわいらしささえも垣間見える信長は、染谷だからこそ演じられる“ニュー信長”だろう。

 そんな染谷は放送中のドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京系)では、歩いているうちにいつも着ているものが次々と脱げたり破けたりしてしまう、語尾に「らむ」を付けて話す高校生・花丸木、「きょうの猫村さん」(テレビ東京系)では長いリーゼントが特徴的な暴走族メンバー・強という、信長にも負けずとも劣らない“痴れ者キャラ”を好演しているのだ。

「今期の痴れ者キャラを染谷が一手に引き受けていると言っても過言ではないでしょう。とくに浜岡賢次氏による漫画を実写ドラマ化した『浦安鉄筋家族』は、ファンから『花丸木は誰が演じるのか』と注目されていました。それは花丸木が格段に痴れ者キャラだから。語尾に『らむ』を付けてしゃべり、クネクネ歩きながらすぐにマッパになってしまう特殊なキャラクターですが、染谷は違和感なくすんなりと演じているので、ネット上では『染谷すげぇ!』と称賛の声が噴出しています」(女性誌記者)

 痴れ者キャラは染谷に任せれば大丈夫という説が生まれたのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)