Youtubeで収入10倍のカジサック、あの人との“コラボ”に心配の声

Youtubeで収入10倍のカジサック、あの人との“コラボ”に心配の声

Youtubeで収入10倍のカジサック、あの人との“コラボ”に心配の声

 カジサックことお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が運営する公式YouTubeチャンネル「カジサックの部屋」の登録者数が200万人を突破したことを、所属事務所の吉本興業が発表したのは5月16日。

 6月12日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)にゲスト出演した際、浜田雅功から「大変やった?」と聞かれた梶原は、「デビューから1日も欠かさず3時間から5時間かけて毎日3000件くらいのコメントに返信している」と自身に課したルーティンについて告白。それに伴い「はねるのトびら」(フジテレビ系)をやっていた絶頂期の10倍くらい収入があることも明かしている。同じくゲスト出演していた純烈の酒井一圭には「YouTubeでバズる方法」をアドバイスするなど、YouTubeの指南役としても注目を集めつつある。

  しかし時節柄、そんなカジサックを心配する声が上がっている。

「不貞報道で事実上の活動停止に追い込まれたアンジャッシュ・渡部建のYouTuber転身が囁かれています。ネットでは早くも『渡部、3カ月の冷却期間を置いてグルメYouTuberに転身。カジサックと宮迫博之のYouTubeで宣伝してもらって活動再開』との予想が上がり、それに対して『渡部がYouTubeに来て、カジサックとコラボとかしてほしくないなぁ』といったカジサックファンの声も寄せられています」(芸能ライター)

 YouTubeについては、大御所の明石家さんまも「宮迫からYouTube出演のオファーをもらっている」としながらも、「俺はテレビで生きて来た人間だから、テレビを守ろうとしている」「どんなにお金積まれても出ない」などと明言している。

 カジサックが渡部に手を差し伸べた瞬間、火の粉がカジサックにも降りかかるかも?

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)