「未満警察」“性犯罪批判”を蹴散らした中島健人&平野紫耀のパンイチ場面

「未満警察」“性犯罪批判”を蹴散らした中島健人&平野紫耀のパンイチ場面

「未満警察」“性犯罪批判”を蹴散らした中島健人&平野紫耀のパンイチ場面

 Sexy Zoneのセンター・中島健人とKing&Princeのセンター・平野紫耀がW主演を務めるドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ系)が6月27日に待望の初回を迎えた。2017年に公開された韓国映画「ミッドナイトランナー」のリメイク作品で、警察官を目指す警察学校の生徒2名が難事件を解決するストーリーだ。

 第1話では2002年に実際に起きた「北九州監禁殺人事件」と同じく、犯人が電気ショックによる虐待でマインドコントロールしていくという洗脳事件が描かれため、ジャニーズアイドルがW主演のアクションコメディだと思って視聴していた人々から「内容が重すぎる」「これは気軽に見ていられない」などとネット上では批判が続出。さらにこの犯罪を発見したきっかけが、中島演じる快と平野演じる次郎が暮らす警察学校の寮の部屋から「風呂上がりの人妻(真木よう子)」を双眼鏡で見ているうちに、その人妻が妙な行動をしていることに気づくというものだったため、「のぞきはれっきとした性犯罪」「警察が舞台で性犯罪を容認するとは何事だ」「原作映画にこんな不愉快なシーンはなかった」などといった批判の声が。ツイッター上にはBPOに通報したという声まであがり炎上状態となった。

「しかし、その一方で中島と平野の顔面偏差値の高さを『眼福』と喜ぶ声や、2人がパンイチ姿に“させられた”としか思えないシーンにも『2人のいいカラダに見ほれた』『平野の中島より太い腿にゾクゾクする』『木曜は「BG」のキムタクと斎藤工、金曜は「MIU404」の綾野剛と星野源、土曜は「未満警察」の中島と平野のバディを見て癒しとします』など、実際にあった陰惨な洗脳事件を思い出すこともなく、のぞきと指摘されるシーンも『あのシーンはマズイよね、でいいじゃない』と受け流す声も数多くあるようです」(女性誌記者)

 賛否ともに沢山の意見が集まるということは、それだけ多くの人が注目しているということだろう。

関連記事(外部サイト)