石田純一が「あおり自転車」に苦言も「あなたに言われたくない」の絶望的反応

石田純一が「あおり自転車」に苦言も「あなたに言われたくない」の絶望的反応

石田純一が「あおり自転車」に苦言も「あなたに言われたくない」の絶望的反応

 俳優の石田純一が7月2日放送のラジオ番組「斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI!」(文化放送)に出演し、歩道を走る自転車のマナーに物申している。

 昨今、歩道での自転車の危険運転や歩行者へのあおり運転が社会問題化しており、番組では先月30日に施行された改正道路交通法についての話題に。自転車に後ろから衝突されたことがあるというリスナーの投稿によれば、加害者を警察に連れて行ったものの、怪我をしていないからとの理由で具体的な対処はしてもらえなかったという。

 これについて石田は「怪我をしなくて何よりです」とまずは投稿者の安全を気遣うと、「僕もよく走るんですよね。ランニングするんですけど、やっぱりボンってぶつけられますよ。ぶつけられます、自転車に」と自らも自転車から衝突された経験があると告白。さらに、「本当に気を付けてくれないかなぁとか思うんですけど」「自転車も歩道を走って良いんですけど、歩道を走るときは気を付けて走ってくれと、道路交通法でありますから。注意して走ってください」などと自転車のマナーに苦言を呈している。

「ただでさえ歩道における歩行者と自転車のトラブルが報告されていたところに、コロナ禍によるジョギングブームや、自転車での宅配が増加していることから、今後も衝突の事故はますます増えていきそうです。当然ながら石田の主張も至極真っ当なものだったわけですが、コロナ禍のゴルフ三昧や沖縄渡航の騒動が未だに尾を引いているようで、『言っていることはごもっとも』だとしながらも、やはり『あなたには言われたくない』『何を言っても説得力がない!』『コロナも自転車も同じ、自分が他者のことを考えて行動できるかですよ』といった指摘が相次いでいます。とはいえ、本人はすでに何度も謝罪し、社会的制裁も受けていますから、少々酷な状況とも言えます。一部報道では、マスクをせずに息子とバッティングセンターに行く様子を撮られて批判を浴びていましたが、抗体があるわけですから、再罹患したり人に感染させたりする可能性は一般の人より極めて小さいと思われますけどね」(週刊誌記者)

“社会的ルール”に関する石田の見解が正論であればあるほど、アンチの心もまた熱く燃え上がってしまうのかもしれない。

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)