「不貞しない方がおかしい」杏の傷口に塩を塗ったメッセ黒田の東出擁護

「不貞しない方がおかしい」杏の傷口に塩を塗ったメッセ黒田の東出擁護

「不貞しない方がおかしい」杏の傷口に塩を塗ったメッセ黒田の東出擁護

 お笑いコンビ・メッセンジャーの黒田有が8月2日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、1日に離婚を発表した俳優の東出昌大と女優の杏について言及している。

 東出は2015年に杏と結婚し、これまでに3人の子供をもうけているが、今年1月に女優の唐田えりかとの3年にも及ぶ不貞関係が発覚。その後は別居状態が続き、1日に連名のFAXで杏との離婚を発表していた。

 黒田は2人の離婚について、「もともと(東出が)モテる人って分かってたのにも関わらず、っていうのがあるわけじゃないですか。このままずっと不貞せずにいる、って方が珍しい、芸能人の人やったら…って思っちゃうんですよね」とコメント。二枚目俳優である東出と結婚するのであれば、ある程度の覚悟も必要だったと示唆している。

「MCの東野幸治からは、毒舌で知られたタレントの“やしきたかじんさんのようなキャラ”だと紹介されていた黒田。しかし、“モテる芸能人であれば不貞をしない方が珍しい”との主旨のコメントには『暴論ではないか』といった指摘が多く、『そんなのは不貞をする側の言い訳であり、される側からしたら許す理由にはならない』『芸能界の特殊な事情はあるかと思いますが、不貞をされた側に責があるような言い方はちょっと無理がある。杏さんも同じようにモテる人だと思いますよ』『そもそも“モテるから不貞する”っていう発想がよく分からない』との反応が並んでいます。容姿端麗で女性人気の高い男性芸能人でも、妻を裏切ることなく円満な家庭を築いている人はいくらでもいますからね。“不貞をしない方が珍しい”という発言はそういった芸能人に対しても失礼なものではないでしょうか」(女性誌記者)

 女性からの共感を得ることはかなり困難であろう黒田の発言。やしきたかじんさんであれば、もう少し頭を捻った深いコメントを残していたのではないだろうか…?

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)