田中圭、理科大出身のムロツヨシを「即興計算」で圧倒した“渋幕の実力”

田中圭、理科大出身のムロツヨシを「即興計算」で圧倒した“渋幕の実力”

田中圭、理科大出身のムロツヨシを「即興計算」で圧倒した“渋幕の実力”

 8月27日放送の「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」にレギュラー出演中の田中圭が、かつて「神童」というあだ名をつけられていたことを納得させる素顔を見せ、話題になっている。

 この日ゲスト出演したムロツヨシが、4ケタの数字を足す、引く、掛ける、割るの加減乗除で10にすることが得意ということで、レギュラーメンバーとスピード計算対決することに。最初の2問はムロの圧勝だったが、3問目の「6699」という問題に対し、ムロは「これは解なしじゃないですか?」と顔を曇らせるほどだったが、その直後に田中が「あ〜、わかった!」と声をあげ「6+9=15 15×6=90 90÷9=10」と一発で正解したのだ。

「これにはネット上で『東京理科大学理学部数学科中退のムロが、渋谷教育学園幕張高等学校 普通科卒業の田中に負けた』『田中が神童と呼ばれていたという片鱗を見た』『田中圭が小学校時代に東大受験を目指して毎日8時間勉強してたっていうのは本当だったんだろうな』『ムロの東京理科大 理学部数学科中退の経歴もすごいけど、田中の中高一貫進学校、渋谷幕張卒業もかなりの経歴だよな』など、ムロと田中の出身校を比較しながら感嘆する声が相次いでいるようです」(女性誌記者)

 ドラマでエリート役を演じることはあまりない田中とムロ。しかし2人の地頭のよさは今回の計算対決で多くの人々に知れ渡ったのでは。

関連記事(外部サイト)