アドリブdeath!?香川照之の“機転”は歌舞伎のお家芸だった

アドリブdeath!?香川照之の“機転”は歌舞伎のお家芸だった

アドリブdeath!?香川照之の“機転”は歌舞伎のお家芸だった

 コロナ禍の影響で、9月6日放送の第8話が1週間延期となった人気ドラマ「半沢直樹」(TBS系)。急遽放送された「生放送!!半沢直樹の恩返し」には、主演の堺雅人を始め及川光博や片岡愛之助らが出演し、MCには安住紳一郎アナ、ゲストには久本雅美とヒロミが顔をそろえた。

「第7話で香川照之演じる大和田が『1つ、大事なことを忘れてないか』『人にものを頼む時の大事な7文字』と言って、指を7つ数えながら半沢にある言葉を求める場面が登場。その7文字とは『お・ね・が・い・し・ま・す』なのですが、この指を数える演技が、実はアドリブだったことを香川は明かしていました」(芸能ライター)

 さらにこのシーンでは、大和田が半沢に向かって「君、小学生以下か?」と皮肉るセリフもアドリブだったと告白。香川のアドリブ力には、ゲストも驚きを隠せなかった。

「今回のシーズンで大きな話題となったのが、大和田が半沢に向かって喉をかき切るポーズをしながら『お・し・ま・い・death!』と迫るシーン。香川は『これについて言うと、僕自身のアドリブです』と告白。台本では『君はもうおしまいです。半沢君』で終わっていましたが、それだけではもの足りなかったのでアドリブを繰り出したと話していました」(前出・芸能ライター)

 原作者の池井戸潤氏は、劇団四季の会報誌『ラ・アルプ』9月号の連載コラムでも第1話で発した香川のセリフ『施されたら施し返す。恩返しです』がアドリブだったことを明かし、感心したと述べている。

 原作者が褒め称えるほどの香川のアドリブ。それもそのはず、歌舞伎の世界ではアドリブは日常茶飯事だと事情通は語る。

「歌舞伎には『捨てぜりふ』という専門用語があります。これは役者がその場の雰囲気で臨機応変に繰り出すアドリブのこと。この“捨てぜりふ”こそ、役者の技量がモノを言う。澤瀉屋を背負い九代目・市川中車を襲名している香川にとって、アドリブは御家芸とも言えるでしょう」(女性誌記者)

 最終回では、どんなアドリブを披露してくれるのか。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)