香取慎吾「5年ぶり民放連ドラ出演」で動画視聴回数が爆発か!?

香取慎吾「5年ぶり民放連ドラ出演」で動画視聴回数が爆発か!?

香取慎吾「5年ぶり民放連ドラ出演」で動画視聴回数が爆発か!?

 SMAPで活躍した香取慎吾も、今やチャンネル登録者数36.4万人を数える立派な人気ユーチューバーだ。初投稿は今年の1月1日、当初は知る人ぞ知ると言ったアーティストをゲストに迎えトークを展開していたのだが、転機が訪れたのはYouTube界のレジェンド・HIKAKINとコラボした3月27日投稿回だ。

 それまで多くても93万回といった視聴回数だったのだが、この回は189万回の大台に乗せた。HIKAKINをゲストに迎えたことで、ユーチューバーとしてやっと香取も本気になったか?…そんな感想を抱いたものだが、その後、まるで振っ切れたかのように香取のYouTubeチャンネルは勢いを増し、クレヨンしんちゃんを模したような黄色い帽子のいでたちでの歌唱動画は評判高く、6月27日投稿〈夜に駆ける/YOASOBI歌ってみた〉の視聴回数は479万回、7月3日投稿〈香水/瑛人 MV再現歌ってみた〉は537万回と驚異的な数字を叩き出している。

 そんな香取が実に5年ぶりに民放の連ドラで主演を務めることが報じられた。2021年1月クールに放送される「アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜」(テレビ東京系)がそれで、香取が演じるのは、SNSによる誹謗中傷で苦しむ人たちの事件を解決する刑事、万丞渉役だ。かつて、09年に放送された「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(TBS系)では破天荒なお巡りさん、両津勘吉をコミカルに演じた香取だが、今回はシリアス路線のようだ。

 香取のYouTubeチャンネルで、撮影の合間、もしくは放送終了後に撮影秘話など明かされるだろうか? また、共演陣のコラボ出演にも期待が高まる。

 ドラマと共に、香取のYouTubeチャンネルからもますます目が離せなくなりそうだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連記事(外部サイト)