イモトアヤコ、竹内結子さんへの想いを吐露「今は踏ん張ることしかできない」

イモトアヤコ、竹内結子さんへの想いを吐露「今は踏ん張ることしかできない」

イモトアヤコ、竹内結子さんへの想いを吐露「今は踏ん張ることしかできない」

 タレントのイモトアヤコが10月14日、自身がパーソナリティーを務める「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(TBS系)に出演し、先月27日に亡くなった女優・竹内結子さんについて語った。

 イモトは番組のエンディングで、自身を心配する声が番組にも多数寄せられていることについて感謝し、「正直、まだ何も整理できていないというのが今の気持ちです」と、竹内さんについて語り始めた。

 イモトは「(仕事など色々なことがある中で)自分の中では踏ん張っているという感覚。今は踏ん張ることしかできない」とつらい胸の内を告白。続けて「結子さんは私のことをすごく愛してくれました。いっぱいいっぱい愛をくれたのは本当のことです」「うれしいことがあったりとか、つらいことがあったりとか、悲しいことがあったときは、誰よりも先に伝えていた。そのときは誰よりも喜んで、悲しんで、怒ってくれた」「本当にたくさん愛をもらったなと感じております。私も心から結子さんのことを愛しています」と、涙声になりながらも、竹内さんへの思いを語った。

 イモトは最後に「いろんなことに自信がなくなっているのも事実ですけど、踏ん張って頑張っていこうとしています」と明かし、「ラジオ番組は来週からも楽しく届けたい」と前を向いた。

「竹内さんは生前、イモトさんについて唯一最大の親友と語っていました。イモトさんもその思いは同じのようです。ラジオ収録は同日午後に行われましたが、イモトさんは涙を流していたようですね」(芸能ライター)

 多くの人の心に、さまざまな想いを残して旅立ってしまった竹内さん。周囲の悲しみは、まだ癒えていないようだ。

(石見剣) 

関連記事(外部サイト)