工藤静香が接触事故を報告!キムタクへの影響と相手の対応で学んだこと

工藤静香が接触事故を報告!キムタクへの影響と相手の対応で学んだこと

工藤静香が接触事故を報告!キムタクへの影響と相手の対応で学んだこと

 歌手の工藤静香が11月17日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、車の接触事故を起こしてしまったことを報告した。

 工藤は、「今日は自分の未熟さから2つの大切なことに気づかされた一日でした」と書き出し、運転中に接触事故を起こしたと告白。「車で渋滞中。落としたお水に気を取られ、ブレーキから足を離してしまい、前の車にぶつけてしまいました」と説明し、「ちょっとした気の緩みが、人に迷惑をかけてしまうという事を改めて痛感しました。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 また、“2つ目の学び”として、「私が迷惑をかけてしまったのに、車を当てられた側の方が、慌てふためいて謝罪する私に『僕も同じような事故をした事がありますよ』と、気遣ってくださいました。こんな時でもそうした気遣いが出来る人を目の当たりにし、私もどんな時でも思いやりを欠かさない人であり続けたいと改めて思いました」と綴った。

 続けて工藤は、今回の接触事故による怪我人が出なかったことも報告し、「二度とこの様な事が無いように気をつけます」と締めている。

「渋滞中の接触事故という点や、すぐに謝罪して相手方からの理解を得たという点から、大きなトラブルにはなっていないのでしょう。ただ、この事故が後々になって週刊誌に報じられるようなことがあれば、たちまち“隠蔽した”などと叩かれてしまうリスクがありますから、自身の口から報告したかったのかもしれません。夫で俳優の木村拓哉は日産の電気自動車CMに出演中ということで、タイミングはあまりよろしくないですが、相手方から温かい言葉を頂戴したということは、それだけ工藤が誠実な対応をしたという証ですから影響は少ないのでは。真摯に事故の報告をしたことに対しても、フォロワーからは『どなたも怪我されなくて良かったです』『私もしーちゃんのこの話で2つ学べました。言いたくないような体験も話してくれてありがとう』といった前向きなコメントが寄せられています」(エンタメ誌ライター)

 俳優・伊藤健太郎によるひき逃げ騒動が記憶に新しい芸能界。一瞬の気の迷いで多くを失ってしまう可能性があることから、今回工藤はSNSで自分から全てを発表するという選択を下したようだ。

「伊藤健太郎とは夫の木村がドラマ『教場』(フジテレビ系)で共演しており、件の事故によって少なからず影響を受けたという教訓がありますから、工藤にとってはやはりSNSでいち早くファンに向けて報告したかったのでは」(前出・エンタメ誌ライター)

 私生活における接触事故をインスタグラムで発表することが正解なのかどうかは分からないが、工藤自身が心から事故を反省し、相手方からも理解を得たことは事実だ。一部からは「その必要ある?」と疑問の声があるものの、今回はその迅速かつ勇敢な対応が“後々のトラブル”を回避する上では奏功したと言えるのではないだろうか。

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)