近藤真彦“お蔵入り”を匂わせた「ダウンタウンなう」の演出が波紋

近藤真彦“お蔵入り”を匂わせた「ダウンタウンなう」の演出が波紋

近藤真彦“お蔵入り”を匂わせた「ダウンタウンなう」の演出が波紋

 お笑いコンビ・ダウンタウンがレギュラーを務めるトーク番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)が12月11日に放送され、タレントの“マッチ”こと近藤真彦の出演回が不貞スキャンダルによりお蔵入りとなったことを仄めかした。

 通常の「本音でハシゴ酒」放送回では、2人または2組のゲストを呼ぶ、2部構成でトークを進めていくが、今回はゲスト出演がフリーアナウンサー・石井亮次のみとなり、残りの時間枠は過去の「未公開シーン」が放送された。

 番組冒頭のナレーションでは、「今回は、とある事情で(放送)尺が足りなくなったから…というわけではないんですが…」と意味深に伝え、テロップにも「何かがお蔵になったからではない」と強調。しかし、そのシーンのBGMにはマッチの代表曲「ギンギラギンにさりげなく」が流され、数秒間、ダウンタウンが“男性ゲスト”らしき人物とトークを交わすシーンの映像もモザイク加工されてお披露目された。

 松本人志はおよそ1カ月前、11月15日放送の同局「ワイドナショー」に出演時、不貞騒動を起こしたマッチについて言及。週刊文春にスクープされる数日前に「ダウンタウンなう」の収録が行われたことを明かし、「(トークの中で不貞について)全然突っ込んでないから、松本めっちゃビビりとか思わんといてや」と放送を前提としたトークを繰り広げていた。

 しかし、その後、マッチは不貞の事実を認め、活動自粛を発表。それに伴い、「ダウンタウンなう」の放送もされないままになっている。

「文春砲を食らう直前のマッチが家族愛や恋愛観について語るシーンがあるのではと期待する声も一部から出ていました。しかし、最終的にはお蔵入りとなったことを番組側が絶妙に“匂わせ”て視聴者に伝えるという形になりました。この演出にはSNSでも『マッチのお蔵入りとは言えない代わりにBGMにギンギラギンにさりげなく使ってる制裁が陰湿で笑う』『この回がマッチの出演回だったのか…』『マッチ出演部分を一部モザイクで流して、マッチの曲をBGMにしながら未公開特集やりますと宣言するこの番組。だいぶ攻めてる』『お蔵入りになった腹いせにBGMがギンギラギンにさりげなくという仕打ち 笑』などと波紋を広げています。どんな内容のトークが交わされたのかについては非常に興味がありますが、豪華なゲストを迎えた“マッチ回”は幻となりそうです」(テレビ誌ライター)

 今回の演出に、余計な仕事を増やされたスタッフの怒りが込められている可能性はゼロではない?

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)