続編確定?木村拓哉主演「教場II」のラストシーンに高まる期待

続編確定?木村拓哉主演「教場II」のラストシーンに高まる期待

続編確定?木村拓哉主演「教場II」のラストシーンに高まる期待

 木村拓哉主演のスペシャルドラマ「教場II」(フジテレビ系)が昨年に続き、新春の1月3日、4日に2夜連続放送され、前編は13.5%、後編は13.2%だった。

 同ドラマの舞台は、警察官を目指す生徒が集う警察学校。生徒は個々に思惑や秘密を抱いている。そして、警察官にふさわしくないと判断した者には、容赦なく退校届を突き付ける教官・風間公親と生徒の関係性を描いている。

 昨年の「教場」に続き風間を演じた木村に対しては、前回同様、今回も役者としての新境地などと高い評価が多い。

 今回、特に話題となったのが、後編のラストシーンだ。ようやく迎えた200期の卒業式。卒業生1人1人と握手を交わし、激励の言葉をかける風間。しかし、鳥羽暢照(濱田岳)にだけは「私の右目のことで覚えがあるな」と告げるのだ。

「エンディングロールが終わると大雨のなか、風間の後輩・遠野章宏(北村匠海)と張り込みをする刑事時代の風間が映し出される。刃物のようなものを持った男を見つけると、風間が止めるのも聞かず1人で男を追いかける遠野。その後、『すいません。見失いました』と戻った遠野が傘を開いた瞬間、男が遠野を後ろからメッタ刺しに。救援を呼ぶ風間だが男のドライバーが風間の右目に。その後、男が逃走中にぶつかったのが鳥羽だった‥‥という場面で終わりました。このラストに視聴者は『続編あるね』『来年まで待てないよ』など、早くも次回作に期待を寄せています」(テレビ誌ライター)

 続編は来年になるのか。今年中なのか。視聴者の期待はふくらむばかりだ。

関連記事(外部サイト)