「男友達と同じ部屋に泊まる」稲村亜美の“異性との距離感”に心配の声

「男友達と同じ部屋に泊まる」稲村亜美の“異性との距離感”に心配の声

「男友達と同じ部屋に泊まる」稲村亜美の“異性との距離感”に心配の声

 タレントの西野七瀬が1月13日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。“男女の友情”に関して、稲村亜美の見解に疑問を呈している。

 スポーツ関連のイベントや番組で起用されることの多い稲村は「男友達も多い」とし、その面々は「陸上の方だったり、水泳の方だったり、野球の方、色んなジャンルに(男)友達がいるかもしれない」という。ただ、それらは「“皆仲間だよね”みたいな感じの人」で、恋愛関係に進展するような空気感ではない友人関係だと話している。

 これに、女性ユニット・FAKYのHinaが「彼氏とか居ても、男友達とも遊びますか?」と質問。束縛されるのが苦痛だという稲村は「全然遊びます!」と答え、「2人で旅行に行ける男友達もいる」「本当に何もなく、何もないんですよ! 2人とも(恋人がいない)フリーで普通に泊まって帰ってくる。同じ部屋です。全く何もないです」などとクリーンな男女の友情を築いているようだ。

 ただ、MC・西野七瀬はこれに違和感を覚え、「それはよく分からないかも。(旅行で男女が一緒の部屋に泊まる事の)『目的が何?』ってなっちゃう」と稲村の異性との距離感を疑問視。対する稲村は「でも、本当に友達すぎて。お互いの両親も知ってるし。友達としか思ってないですよ」と説明していた。

「彼氏でもない男友達と2人きりで旅行に行き、さらに同じ部屋で泊まるという稲村。本人は『全く何もない』と力説するも、西野がそんな男女の関係性に異を唱えると、ネット上でも『西野さんの言う通り』と西野の考えに同意する声が多く上がっています。『殆どの場合、“何にもない”と思ってるのは片方だけ』『男女で友情って成立するの?』との指摘や、『純粋に仲の良い友達と旅行を楽しみたいなら男同士の方が当然いいわけで、わざわざ何かと気を遣わなきゃいけない異性と旅行って、見返りを期待してそう』『友達のフリして良からぬ事を考える人も世の中には居るから気をつけて』といった心配の声、そして『相手の男性から本音を聞いてみたい』という反応もありました。お互いの両親も知っているということですから、ある程度長い付き合いを築いてきた関係性で、あまり周囲が過剰な心配をするようなものではないのでしょうが…」(テレビ誌ライター)

 男女で分け隔てないオープンな関係を築くのは結構だが、そんな稲村の価値観を利用して悪さをはたらく男性が現れないよう祈りたい。

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)

×