ウエンツ瑛士「1ミリも思ってなかった」海外留学を考え始めた小栗旬の言葉とは

ウエンツ瑛士、小栗旬の一言が海外留学を考えるきっかけに

25日に放送された日本テレビ系「火曜サプライズ」に出演したウエンツ瑛士が、海外留学を考えたきっかけについて語った。

番組では10月からイギリスに留学すると発表したウエンツと、親交の深い小栗旬がトークを展開した。

小栗が「今回(留学)の前にどのくらいイギリスには行ってるの?」と質問すると、ウエンツは「2回」「全部で1週間くらいかな」と答えた。

続けて「最初に行った時に『あ!俺絶対ここに来るな』ってもう思ったんだよね」と話し、「ずっと伏せてたけどね」とその気持ちは明かさなかったと振り返った。

その後、小栗が「いつ頃思ったの?」「(留学を)本当に決断したのはいつ頃なの?」問うと、ウエンツは「本当の決断はやっぱり1年とか1年半前くらいかな」「思ってたのはもちろん3年とか4年くらい前から薄々思ってはいたけど」と明かした。

そして「俺がすごく覚えてるのは」と話し始め、小栗から「せっかくそういう顔してんのになんで(海外で)挑戦しないの?」と言われたと振り返り、「自分がそういう顔してんだっていうのもちょっと忘れてたし、もともとそういう向こうに行ってとか1ミリも思ってなかったから」と、小栗のその一言が海外留学を考えるきっかけになったと語った。

ウエンツは、ロンドンのウエストエンドで舞台に立ちたいという夢を叶えるために、10月からイギリスに留学すると発表しており、先日には共演経験がある東方神起がテレビ番組でエールを送っていた。

関連記事(外部サイト)