BiSHアユニ・Dのソロプロジェクト“PEDRO”、初LIVEからNUMBER GIRL「透明少女」のカバーをフル公開

BiSHアユニ・D、ソロプロジェクト"PEDRO"、NUMBER GIRL「透明少女」のカバーをフル公開!

メジャー3rdシングル「PAiNT it BLACK」ではオリコン週間シングルチャート1位を獲得、全国大型フェスへの出演ラッシュ、更には年末に2万人規模のワンマンLIVEを幕張メッセ9〜11ホールでの開催が決定する等、勢いの止まらない“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。

そんなBiSHから、9月19日にバンド形態ソロプロジェクトとしてデビューミニアルバム「zoozoosea」を完全無告知によるゲリラリリースでリリースしたアユニ・Dこと“PEDRO”が、9月25日に新代田FEVERにて開催した初LIVE『happy jam jam psycho』より、NUMBER GIRLのカバー「透明少女」のLIVE映像をフル公開した。

この日のLIVEは、アユニがベース&ヴォーカルを担当、ギターには田渕ひさ子を迎え、全曲の作詞や1部作曲を手掛けた「zoozoosea」収録の7曲に加え、同様にアユニがBiSH加入当初に作詞を手がけた「本当本気」のセルフカバー、そして田渕ひさ子が所属したNUMBER GIRLの大名曲「透明少女」を披露して大きな話題となっており、まさに待望のLIVE映像がフル公開となった。

既にLIVE終演後、PEDROオフィシャルTwitterに「PEDRO still goes on」と、今後もPEDROが続いていく事を暗示したPEDRO。

年末にはBiSH史上最大規模、2万人ワンマンを幕張メッセで控えるBiSH同様、PEDROの活動にも注目してみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)