辻希美が第4子妊娠中のふっくらお腹公開、ぼくのりりっくのぼうよみ“辞職”へ、宮脇咲良らAKBグループ活動休止【音楽週間ニュース】

音楽週間ニュース

この1週間にも様々なニュースがあった。その中で話題となった主な音楽やアーティストに関連したニュースをピックアップし、2回にわたってお伝えする。

【写真】辻希美、ふっくらお腹の写真公開「骨が悲鳴あげとる」と異変も明かす

◆ぼくのりりっくのぼうよみ、来年1月“辞職”へ22日、ぼくのりりっくのぼうよみが、オフィシャルサイトにて、来年1月での“辞職”を発表した。オフィシャルサイトでは「ぼくのりりっくのぼうよみ、辞職のお知らせ」と題し、「日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。ぼくのりりっくのぼうよみです。突然ですが、2019年1月をもちまして、ぼくのりりっくのぼうよみはぼくのりりっくのぼうよみを辞職いたします。」と発表。「辞職に伴いまして、最後のアルバムを制作いたしましたので、ぜひ聞いていただければと思います。『没落』という題でございます。12月12日の発売となります。傑作になってしまいました。終幕までお楽しみ頂ければ幸いです。」と、最後のアルバム発売の告知を行った。ぼくのりりっくのぼうよみは、早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。高校2年生の時、10代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれる。提携番組であるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、まだ高校3年生だった2015年12月、1stアルバム『hollow world』でメジャー・デビュー。2017年には、映画『3月のライオン』前編主題歌、資生堂「アネッサ」CMソング、テレビ東京ドラマ25「SR サイタマノラッパー~マイクの細道~」エンディングテーマなど、立て続けに大型タイアップを担当。雑誌「文學界」にエッセイを寄稿するなど、音楽フィールド 以外でも才能を発揮している。

◆辻希美、妊娠中の体の変化明かし、ふっくらお腹も公開元モーニング娘。の辻希美が24日、自身のブログで身体の異変について明かした。現在、第4子を妊娠中の辻は、自身のブログで子供達とうなぎを食べに行ったと報告し、「そして今から公園!!らしい!! 母さん…腰まわりの骨が悲鳴あげとる今日この頃…」と、身体の変化を明かしながら子供達のリクエストに応える様子をうかがわせた。さらに23日には、子供達と昆虫博物館を楽しんだ様子を綴り、ふっくらしたお腹が目立つ写真を投稿している。

◆宮脇咲良ら、IZ*ONE活動専任でAKBグループ活動休止24日、HKT48宮脇咲良、HKT48矢吹奈子、AKB48本田仁美の3人が、韓国でのIZ*ONE活動専任となるため2021年までAKB48グループの活動を休止すると発表した。AKB48のオフィシャルサイトでは「本日、 9/24(月)幕張メッセにて行われた“AKB48『センチメンタルトレイン』劇場盤発売記念 大握手会”にてHKT48宮脇咲良、HKT48矢吹奈子、AKB48 本田仁美のIZ*ONE活動専任が発表されました。 それに伴い、AKB48グループの活動は2021年4月まで休止となります。」と発表。IZ*ONEは韓国のオーディション番組『PRODUCE48』から生まれたアイドルグループ。この発表を受け、指原莉乃の矢吹との2ショットのTwitter投稿に対して「必ずなこが 帰って来るまで 卒業だけは 勘弁して」「さっしー、奈子ちゃんが日本に帰ってくるまで卒業しないでね」「2年半さしなこみれないとおもうととってもとっても悲しい」「奈子ちゃんが帰ってくるまで卒業しないで!」「さっしーが卒業してはいけない理由が出来た」といった声が相次いでいた。

関連記事(外部サイト)