Nissy(西島隆弘)の新曲もWランクイン!今注目の歌詞ランキングでハジ→が2週連続1位

今注目の歌詞ランキングでハジ→が2週連続1位

歌詞検索サービス「歌ネット」が、9月27日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングとは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定するもの。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にハジ→の「カタオモイ。」がランクイン。2週連続での首位獲得となる。この曲はハジ→×歌ネットのコラボプロジェクト『あなたの実話、歌にします。』から誕生し、10月3日にニューシングルとしてリリースされる。9月26日からは先行配信がスタートし、LINE MUSICのデイリー1位を記録と、すでに多くのリスナーから人気を集めている。<君を好きになっちゃいけないって わかってたのに>という切ないフレーズで幕を開けるラブソング。忘れられない人がいる方も、片想い中の方も、想いを重ねながら聴いていただきたい1曲である。

2位と6位には、Nissy(西島隆弘)の「トリコ」と「Relax & Chill」がそれぞれランクイン。ソロ活動5周年を迎えた彼が9月30日にリリースするダブルリードシングル収録曲だ。「トリコ」は、10月5日から公開の“吉沢亮”主演映画『あのコの、トリコ。』主題歌として書き下ろされた。尚、MVは劇中のヒロイン(新木優子)が恋人の“トリコ”になってしまった理由を明かしていく、映画のサイドストーリーを思わせるストーリー展開となっているので、歌詞と併せてチェックしてみてはいかがだろうか。

3位には、足立佳奈の「あの日に戻れるなら…」がランクイン。この曲は、10月17日にリリースの1stアルバム『Yeah!Yeah!』に収録される、本人作詞作曲の新曲だ。綴られているのは<言葉でしか伝わらない 分かってたのに>それができなかった過去の自分に対する後悔。さらに<今の私があの日に戻れるなら>何を伝えるかというメッセージが込められている。諦められない恋心が真っ直ぐに伝わってくるラブソングである。

5位には、フジファブリックの「Water Lily Flower」が初登場。10月3日にリリースのミニアルバム『FAB FIVE』のリード曲であり、橋本愛、門脇麦、成田凌が出演することでも話題となっている10月19日に公開の映画『ここは退屈迎えに来て』主題歌。歌詞には<寂しいと思ってたけれど 本当は孤独じゃなかった>など、物語に寄り添うようなフレーズが綴られている。

8位には、reGretGirlの「Shunari」が初登場。10月17日にリリースの2ndミニアルバム『take』収録曲だ。描かれているのは、ド直球な失恋の苦しみ。すでにMVが公開されており、リスナーからは「歌詞が重なり過ぎて泣いた」「めちゃくちゃ刺さるし全くその通り過ぎてつらい」など、痛切な共感の声が非常に多く届いている。

【2018年9月27日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 カタオモイ。/ハジ→2位 トリコ/Nissy(西島隆弘)3位 あの日に戻れるなら…/足立佳奈4位 Gifts/Superfly5位 Water Lily Flower/フジファブリック6位 Relax & Chill/Nissy(西島隆弘)7位 体の芯からまだ燃えているんだ(Duet ver.)/シン&ふうか8位 Shunari/reGretGirl9位 Memoria/GFRIEND10位 彩りの青春/うにこ

関連記事(外部サイト)