ASIAN KUNG-FU GENERATION、3年半ぶり新アルバム『ホームタウン』発売決定

ASIAN KUNG-FU GENERATION、ニューアルバム『ホームタウン』12月5日発売決定!

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、『Wonder Future』以来3年半ぶりとなるオリジナルアルバムを12月5日に発売することが決定。あわせて新たなアーティスト写真が公開された。

アルバムのタイトルは『ホームタウン』。アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」の主題歌となった「荒野を歩け」、先行シングル「ボーイズ&ガールズ」など、計10曲が収録される。

本作の初回生産限定盤にはCDとDVDが付属され、『Can’t Sleep EP』と題された付属のCDには、新曲4曲に今年3月リリースの「BEST HIT AKG 2 (2012-2018)」に収録された「生者のマーチ」を加えた、計5曲が収録される。

また「荒野を歩け」「ボーイズ&ガールズ」「生者のマーチ」はニューアルバム用の最新ミックスにて収録。

なお、アルバム『ホームタウン』の初回生産限定盤に付属する『Can’t Sleep EP』に収録される新曲「廃墟の記憶」が、サントリービール(株)の「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドによる”2018年金曜日プロモーション”『The Premium Music』キャンペーン第8弾ソングに決定した。

「廃墟の記憶」はストレイテナーのホリエアツシが作曲を手掛け、一部ボーカルをとるプレミアムな楽曲。キャンペーンでは「ザ・プレミアム・モルツ」に付属する応募シールのシリアルナンバーを特設サイトで入力することで、10月26日(金)〜28日(日)の3日間どこよりも先駆けてストリーミング配信される。

いち早くアルバムの新曲を聴けるこの機会を逃さないようにしよう。

関連記事(外部サイト)