乃木坂46白石麻衣、西野七瀬の卒業にコメント「薄々気付いてたりもしたけど…」

乃木坂46白石麻衣、西野七瀬の卒業にコメント

22ndシングルを最後に乃木坂46を卒業することを発表した西野七瀬。30日に放送されたテレビ東京系『乃木坂工事中』で、西野と共に乃木坂46を引っ張ってきた白石麻衣が、西野の卒業について語った。

【画像】乃木坂46・白石麻衣、働く女性の雑誌「Oggi」“意志ある顔”に選ばれる

番組内で白石は「個人的に西野と二人でよく話すことも最近多くなったりして」と西野と二人で会話する機会が増えていたとして、「なんかちょっとそういう時期なのかなって薄々気付いてたりもしたけど」と西野が卒業することを感じ取っていたことを明かした。続けて白石は「最後に一緒に活動できるラストシングルになるから、『楽しかった』って思えるくらいの22枚目が作れたらいいなと思います」と、西野のラストシングルを楽しいものにしたいと笑顔でコメントした。

さらに、西野は卒業について「新しいことをやるにはやっぱり、グループから離れるのが一番だなって思ったので」と自身の卒業に対する前向きな姿勢を明かし、悔いはないか?と聞かれると「全くないです」と笑顔で言い切った。「自分の中でも本当にまだあんまり実感が沸ききれてないんですけど、悲しい感じにはしたくないので、和やかな感じで残りの時間…『乃木坂工事中』も私も出るので、楽しんでもらえたらいいなと思います」と白石と同じく、最後まで楽しい時間を送りたいと語った。

西野のラストを飾る乃木坂46の22ndシングルは現在タイトルは未定となっており、11月14日にリリースされる。西野がセンターをつとめ、そのサイドを白石麻衣と齋藤飛鳥がかためるフォーメーションとなっている。詳細な情報は今後続々と公開されていく予定なので、随時チェックして欲しい。

関連記事(外部サイト)