霜降り明星・粗品、“紅白出場が夢”アーティストとしての目標を明かす「せいやとも…」

霜降り明星・粗品、“紅白出場が夢”アーティストとしての目標を明かす「せいやとも…」

4月1日放送のフジテレビ系『ノンストップ!』に、霜降り明星・粗品がVTR出演。自身のアーティスト活動について語った。

【関連】霜降り明星・粗品、本田翼との関係性を明かす「カラオケとか行ったり…」

VTRでは、今年1月に自身のレーベル“soshina”を設立し、楽曲の作詞作曲などを手がけるアーティストとしても活動する粗品へのインタビューが行われた。

この中で、粗品は、自身の“音楽との出会い”について、「僕、2歳の時からピアノを習い始めまして」「で、それはまあ他のご家庭でもあると思うんですよ」と切り出した。

続けて、「子供の時、ゴスペルとか習いに行かされましたね」「拍手しながら歌ってました。英語で、みんなで」として、音楽好きな母親の影響を受けたと振り返った。

また、アーティストとしての“夢”については、「ゆくゆくはコンビで(NHK)紅白歌合戦に出たいんです、っていう夢があるんです」「だから、せいやともゆくゆくは(一緒に)やりたいですね、音楽」とコメントした。

関連記事(外部サイト)