V6井ノ原快彦「初めてお店の金額を見て断った」会計直前のエピソードにスタジオ爆笑

V6井ノ原快彦「初めてお店の金額を見て断った」会計直前のエピソードにスタジオ爆笑

4月6日深夜に放送されたTBS系『アメージパング!』に出演したV6・井ノ原快彦が、過去の買い物でのエピソードを語った。

【関連】風間俊介、“偉大な先輩”V6への感謝語る「解散したからって…」

スタジオトークで、井ノ原は、自身が思い出に残っているエピソードがある金額は“38万円”と発表した上で、「あるスタッフに誕生日プレゼントを買ってあげようと思って」と切り出した。

続けて、「とあるバッグメーカーのすごいちっちゃいポーチみたいなのがあったから、俺の読みでは、大体1万円〜1万8000円のくらいの間だろうなと思って」「金額を見ないで、『じゃ、これ下さい』って言ったら」と振り返り、レジに持って行ったところ、予想に反して38万円だったと明かした。

そして、「その瞬間、『買わない買わない!』」「『引く引く引く』っつって」「『スタッフも引くからちょっとやめときます、そんな高いと思わなかった、ごめんなさい』つって」と購入をやめたことを明かし、「初めてお店の金額を見て断った」とコメントして笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)

×