森三中・黒沢、3時のヒロイン福田と“仲良くなるのが難しそう”と感じた理由とは?

森三中・黒沢、3時のヒロイン福田と“仲良くなるのが難しそう”と感じた理由とは?

6月21日深夜放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』に、3時のヒロイン(福田麻貴、ゆめっち、かなで)と、黒沢かずこ(森三中)が出演。さまざまなトークを展開した。

【関連】3時のヒロイン福田、ブレイク前の兄への借金額にスタジオ驚き

番組では、黒沢が自身は他人の考えていることを感じ取れるタイプだとして、そのためにあまり人と目を合わせないようにしていると明かす場面があった。

そして、番組終盤、黒沢は福田について、「1番この中で仲良くなるのに難しそう」とコメント。他の出演者が笑い声をあげ、福田が、「え?なんでですか?」と尋ねると、黒沢は、「理由は、“こうじゃなきゃいけない”とか、たぶん理想が高すぎのような気がする」と話し始めた。

さらに福田が、「それは自分に対してですか?」と質問すると、黒沢は、「(自分に対して)とか、周りもそうだけど」「“こうあるべきじゃないか、こうやったほうがいいんじゃないか”とか」「いろんな方と比べるのがあるのか」と分析し、福田は当たっていると答えていた。

関連記事(外部サイト)