エルスウェア紀行、音楽と向き合った2021年に届ける単独公演『ひかりの国』を開催

エルスウェア紀行、音楽と向き合った2021年に届ける単独公演『ひかりの国』を開催

エルスウェア紀行が、11月23日に、9ヶ月ぶりの単独公演を開催する。

タイトルは、『ひかりの国』と、エルスウェア紀行の世界を感じられる期待高まるタイトルになっている。

この公演は、バンド編成と発表されており、Vo.Gt.ヒナタミユ、Dr.Cho.トヨシに加え、Pf.sugarbeans、Ba.千ヶ崎学、Gt.真田徹という豪華布陣でエルスウェア紀行の音楽を支える。

また、有観客での公演に加え、ライブ配信も行う予定となっている。

【エルスウェア紀行コメント】

<ヒナタミユ>まずは、皆様へ無事に開催を伝えることができてホッとしています。

身体のなかへ溜まっていくやっかいな熱に絆されながら、改めて音楽と向き合う日々でした。

それぞれがコロナ禍で増えた抱え事を背負っている今だと思いますが、ささやかでつよい景色を一緒に旅することが出来たらなと思います。

久しぶりの単独公演にドキドキしながら、皆様にお会いできること、鮮やかなバンドメンバーとの演奏、どこでもない時間を心待ちにしています。

<トヨシ>今年はライブ活動が思うように出来ず、その分本質的な濃度を高めてきました。

僕は久しぶりに公演でドラムを叩きます。

切実な楽曲と皆さんと共に一度きりの空間を作りたいと思いますので、是非お楽しみに!

関連記事(外部サイト)