北原里英と結婚の笠原秀幸、友人・坂口健太郎への“プロポーズ報告”裏側を明かす「恥ずかしくて…」

笠原秀幸、北原里英へのプロポーズ報告を友人・坂口健太郎にできなかった理由とは?

10月21日、TBS系『櫻井・有吉THE夜会』に坂口健太郎と笠原秀幸が出演した。

【関連】坂口健太郎、BTSメンバーとの交流を明かす「ずーっと、連絡を…」

番組では今回、元AKB48の北原里英との結婚を発表した笠原と、私生活でも仲が良い坂口がゲストとして登場し、笠原がプロポーズをする前に坂口に相談していたという話題が展開される場面があった。

笠原は「『プロポーズしたら、俺連絡するね!』って言ったんです」と切り出しつつ、「で、プロポーズが終わって、家帰ってきて、ちょっと落ち着いたときに健ちゃんの顔が浮かんだんですよ。連絡しなきゃって思って。(LINEで)『健ちゃん』って送ったんです、そしたら俺、恥ずかしくなっちゃって」「『プロポーズしたよ』って言えなくなっちゃった。そのタイムラグで、(坂口から)自撮りの写真が送られて来ちゃったんです」と、坂口から先に関係のない自撮り写真が送られてきてしまったと回想。

笠原は続けて「それで余計恥ずかしくて言えなくなっちゃって」と振り返りつつ、結局その場では坂口にプロポーズを終えたことを言えないまま、入籍発表の後に伝えたと明かしていた。

関連記事(外部サイト)