清原果耶、恋愛ドラマの“ヒロイン役”抜擢に驚き「あんまりキラキラとか…」

清原果耶、恋愛ドラマの“ヒロイン役”抜擢に驚き「あんまりキラキラとか…」

1月4日、TBS系『日劇「DCU」&火ドラ「ファイトソング」&金ドラ「妻、小学生になる。」SPナビ』に、清原果耶がVTRで出演した。

【関連】清原果耶、“菅波先生”坂口健太郎の優しさに感謝「一緒に歩んでくれる感じ」

番組では、1月11日よりスタートする新火曜ドラマ『ファイトソング』で主演を務める清原のインタビューを放送。その中で、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインを演じた清原だが、今回が民放ドラマでの初主演だと紹介された。

それについて清原は「えっ、本当ですか?じゃないですけど」「あんまりキラキラとか恋愛をメインで描いているような作品に参加させていただいたことがなかったので。大丈夫なのかな?相性的に、みたいなことはちょっと思ったりはしましたけど」と、恋愛ドラマの主演抜擢に驚いた様子を再現しながら「新しい一面をお見せできる機会になればいいなと思いつつ頑張っているところです」と話した。

そして清原が演じる木皿花枝という役柄については、「恋愛経験はゼロ。ずっと空手に打ち込んできていたのでそれ以外に目を向ける暇が多分なくって」「だけど恋愛について興味はある女の子なので、その辺がなんか若干のこじらせ具合というか面白い、可愛いとこだなと思います」と説明した。

関連記事(外部サイト)