三代目JSB今市隆二、TAKAHIROと競い合ったボーカルオーディションを回想「あの人受かるなって…」

三代目JSB今市隆二、TAKAHIROと競い合ったボーカルオーディションを回想「あの人受かるなって…」

1月6日深夜放送のJ-WAVE『SPARK』に、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・今市隆二が出演。ゲストとして出演したEXILE TAKAHIROと共にさまざまなトークを展開した。

【関連】三代目JSB今市隆二、“とにかく最高”なライブツアー完走報告SHOTに反響「最高の思い出をありがとう」

番組内で、EXILEの『Lovers Again』をオンエアした流れで、今市は2006年に「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 〜ASIAN DREAM〜」を受けたことに言及し、オーディションの二次審査で同楽曲を歌ったと振り返った。

さらに、同じオーディションを勝ち抜いてEXILEのボーカルとなった、この日のゲストのTAKAHIROについて、「二次審査受けた時の、3個前ぐらいがTAKAHIROさんだったんですよ」「すごいカッコイイ人いるなって思って、すごい覚えてるんですよ」と振り返りつつ、「TAKAHIROさんが『Lovers Again』(歌い)終わった後に、もう周りがざわざわしてるんですよ、スタッフさんとかも」「インタビューとかも、すごい大人数でインタビューされてたり、あの人受かるなって思ってて」と、当時の様子を明かした。

その上で、自身が二次審査で歌った際の様子については、「小鹿のようにもう足が震えて、こりゃあダメだと思って」「全然インタビューもないし、終わった…と思って」とも語っていた。

関連記事(外部サイト)