野呂佳代、AKB48時代に前田敦子らを押しのけてアピールするも“選抜落ち”「映ろうとしすぎて…」

野呂佳代、AKB48時代に前田敦子らを押しのけてアピールするも“選抜落ち”「映ろうとしすぎて…」

1月12日、テレビ東京系『あちこちオードリー』に元AKB48の野呂佳代が出演した。

【関連】野呂佳代、1か月半仕事なし&収入ゼロな近況を明かし「ほんとに涙出てくる…」

番組では今回、野呂が自身のAKB48時代について回想し、『会いたかった』の選抜メンバーに入った際の様子について振り返る場面があった。

しかし、「張り切ってテレビに映ろうとしすぎて、外されたのかなって。次のシングル」と切り出してスタジオを笑わせると、同楽曲のパフォーマンスの中で、カメラの前に全員が出て来てもよい時間があり、そこで他のメンバーを押しのけて前に出てしまったという事情を説明。

その後、次のシングルで自身だけ選抜落ちしてしまったと明かすと、「あっちゃん(前田敦子)とかも掻き分けて、(カメラアピールを)してたんで」「気合だけは入ってた」と当時を回想し、スタジオの笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)