「13年怖い!」Hey!Say!JUMP山田涼介、15歳当時から変わった?自身の考え方に驚き

「13年怖い!」Hey!Say!JUMP山田涼介、15歳当時から変わった?自身の考え方に驚き

1月24日に放送された日本テレビ系『ZIP!』に、Hey!Say!JUMPの山田涼介・八乙女光・知念侑李がVTR出演した。

【関連】山田涼介、仲良しな大倉忠義との交流明かす「先輩後輩っていうよりも友達って感じ」

番組では、『スクール革命!』のゴールデン特番で、普段は生徒役として出演している山田がMCを務めると紹介された。MCを務めた感想について、山田は「ゴールデンいっても『スクール革命!』ってこうだよねって感じで進んでってたから、思ったよりはリラックスしてできたかなっていう感じはしましたね」と振り返った。

また、同番組では『スクール革命!』の放送開始から13年が経ち“緊張しなくなった”というメンバーのため、“初心を思い出してもらうためのクイズ”を出題。番組1回目の放送時15歳だった山田が、“バラエティ番組で生き残る秘訣”を明かしていたことから、その答えを予想する場面があった。

これに対して、山田が「いや〜覚えてない」と悩んでいると、八乙女は「山田昔から変わらないのは、目上の方にごますってるよね」と冗談交じりでコメントし、知念も「MCにごまをするだ」と山田をイジっていた。

そして山田が「でもそれ俺言ったかも!」と2人の発言に同意するも、正解は“自分らしさを忘れない”で、当時の自分が「素をだしていくって言うと、たぶんこの意味になるんじゃないかな」と発言していた過去のVTRを見ると「めちゃくちゃいいこと言ってる!」「忘れてる忘れてる!」「13年怖い!」「素を出したら“ごまする”になっちゃった」と驚きを見せていた。

関連記事(外部サイト)