乃木坂46秋元真夏、卒業発表した北野日奈子との思い出を語る「すごい面倒見もいいし…」

乃木坂46秋元真夏、卒業発表した北野日奈子との思い出を語る「すごい面倒見もいいし…」

2月6日放送の文化放送『秋元真夏(乃木坂46) 卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ サンデー』に、乃木坂46の秋元真夏が出演した。

【関連】乃木坂46秋元真夏、アイドルの“卒業制度”に心境吐露「無くなればいいのに…」

番組中、乃木坂46のメンバー・北野日奈子が先日卒業を発表したという話題になり、秋元は「寂しいですよね」「私は結構前から聞いてたりとかもしますけど、やっぱり公に出た瞬間に実感するみたいなことはすごくあるので」とコメント。

続けて、「あと卒業後に解禁されるお仕事とかを今やってたりすると、もうその現場に(北野が)いないとかね」「そういうことも結構出てきてて。いないとこういう空気になるのかっていうのを味わいながら、今生活してるんですけど」と話した。

そして、「2月の10日と12日に新内眞衣ちゃんと星野みなみちゃんの卒業イベントがあるんですけど、そのリハーサルをしてる時とかに久々にきいちゃんに会って話してたら、やっぱ私とかがボケボケして変なとこにポジション行っちゃったりとかするとすぐツッコんでくれるんですよ」と回想。

「年下だし後輩なんですけどすごい面倒見もいいし、私のことボケボケしてるとこを『なにやってんの!』って感じじゃなくて『まなちゃん可愛いね』っていう可愛がり方をしてくれて、ちょっとお姉ちゃん的な一面もあったりしたりとか」と北野の人柄を明かしていた。

関連記事(外部サイト)