萬平(長谷川博己)の実刑判決に視聴者衝撃!『まんぷく』第11週をおさらい

NHK連続テレビ小説『まんぷく』第11週をおさらい

2014年に映画『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、演技力が高く評価されている女優・安藤サクラを主演に迎え、“インスタントラーメン”を生み出した夫婦の知られざる物語を描く。何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を繰り返した末、世紀の大発明へとたどりつく、2人の人生大逆転の成功物語だ。

第11週では、進駐軍から解放された萬平(長谷川博己)たちだったが、塩の専売局から目をつけられ、塩作りを続けることが困難な状況になってしまう。福子(安藤サクラ)の提案したとおり塩作りをやめて、並行して作っていた栄養食品「ダネイホン」の製造・販売に専念すると商品は大ヒットし、販売を拡大するため、萬平や神部(瀬戸康史)は東京へ進出。さらに、福子の第2子妊娠が発覚し幸せな様子が描かれたが、またもやトラブルに見舞われる…という展開を見せた。

連日、SNSに数多くのコメントが投稿される同作。その中でも視聴者から反響の大きかったシーンを振り返ってみる。

【神部と美代子の出会い】

福子の姪っ子・タカと結婚の約束をしている神部だが、東京進出のため遠距離恋愛となってしまう。そんな時、会社の近くの食堂で働く女性・美代子と出会い、恋愛模様の展開を予兆させた。

美代子の登場にTwitterでは「綺麗だ!いくら神部さんでも、心が揺らぐだろう?」「私は神部くんを信じてるぞ〜〜!!!」「タカちゃんのライバル登場?!え、やめて。タカちゃん泣かすような展開にならないで」など様々な意見が寄せられていた。

【萬平の実刑判決に反響】

今週放送の最後に、またもや萬平が進駐軍に逮捕された。社員たちが学業を学べるようにと奨学金を出した萬平だったが、それに関する脱税をしたとして逮捕の翌日には軍事裁判にかけられ、実刑判決が下された。

度重なるトラブルにネットでは「また逮捕だし今度は実刑。辛い」「そんなあっさり実刑判決て…」「絶望感すごい」「何でこんな事に…」など大きな話題となっていた。

今週は「ダネイホン」の大ヒットや東京進出、第2子の妊娠など順風満帆な生活が描かれたが、来週は東京の刑務所に収監された萬平に代わり、福子(安藤サクラ)は弁護士の東太一(菅田将暉)の助けを借りるも追い詰められていく…という展開を見せるそうだ。NHK連続テレビ小説『まんぷく』は月曜日〜土曜日の午前8時より放送中。

関連記事(外部サイト)