独自コメント到着!IRONSTONE、初ソロ作「LET THE DOG IN THE HOUSE, LET THE HUMAN DIE OUTSIDE」全世界デジタルリリース

IRONSTONE、初ソロ作「LET THE DOG IN THE HOUSE, LET THE HUMAN DIE OUTSIDE」全世界デジタルリリース

吉祥寺を拠点とするDJ・BEATMAKER・PRODUCERの“IRONSTONE”初のソロ作品「LET THE DOG IN THE HOUSE, LET THE HUMAN DIE OUTSIDE」が、3月22日(火)より全世界デジタルリリースとなった。

本作は、自らのスタイルを「魔ミュージック」と提唱し、コロナ禍にビートメイカーとしてのキャリアを本格始動させたIRONSTONEの1st Album。新鋭レーベル [Hoodish Recordings] のリリース第2弾だ。

初作品にして、国産Drillとして最高峰の出来栄えに仕上がった意欲作で、凶暴な808ベースとムーディーなメロディーが絡み合い、イントロから最後まで情景を想像させるようなストーリーテリングな展開となっている。

客演には、KMC、RHYDA、東金B?PASS、BDR、愛染 eyezen、CHEN THE PHARAOH、AIWABEATZ、Eclipse Sound Systemといった関東のシーンで活躍するラッパーやビートメイカー達が参加。ミックス・マスタリングとダブワイズはMaL (PART2STYLE) が担当した。

2022年3月22日(火)より、Apple Music、Spotify、Amazon Music等の音楽配信サイト、iTunes、レコチョク、OTOTOY等の音楽ダウンロードストアから世界185ヵ国でデジタルリリースされた。

【IRONSTONEコメント】

魔ずリリースしようって声をかけてくれたHoodish Recordings、参加してくれたアーティスト、そしてKUSUDAMAのみんなに最強最大の敬意を。あとこんな自分をいつも気にかけてくれる家族や友達にも。

2020年の夏、ビートメイカーとしてスタートした事は初めてギターを触った時みたいで、気付いたら仕事もしなくなって毎日音楽作ってました。そんなんで普通に色々やばくて今も謎にサバイバル生活やってるんですが、お陰で今この音源を作る事が出来たのでめちゃくちゃ最高です。コロナ禍で「死」を身近に感じたので、ビビって守りに入るよりビビりつつも「死」に向かった方がアツいなって思ったまず最初の結果が本作に詰まってます。

でも自分的にはこの作品が「守破離」の「守」ここから魔だ魔だガンガン行き魔すんで、魔ずは犬を自分の部屋に入れて、是非この作品を一緒に聴いて下さい。

関連記事(外部サイト)