浜辺美波、14歳で出演したドラマの“全力疾走”振り返り「学校でもすごい言われました」

浜辺美波、14歳で出演したドラマの“全力疾走”振り返り「学校でもすごい言われました」

3月21日に放送されたフジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン』に、浜辺美波がVTR出演した。

【関連】浜辺美波、ちょっと変わった“自己流ダイエット法”とは?「自分を…」

浜辺は、14歳の時に同番組内のドラマに出演し、バスを追いかけて全力疾走する役を演じた。放送当時の反響を振り返り、浜辺は「中学生とかの時だったので、学校でもすごい言われました。『あれ出てたね』って。『すごい走ってたね』って言われました」とコメント。

その上で、「とにかく走った思い出があって、路地行ったりとか、おっきな道路とかもめちゃめちゃ走って」と撮影を振り返りながら、「今よりも運動が苦手だったんで、“うわー苦手だよー、走り方変って言われるよー”みたいな感じで走ってました」と笑いまじりに明かした。

関連記事(外部サイト)