『FNS歌謡祭』では嵐の「サクラ咲ケ」を美 少年がカバー!名曲が色褪せずに受け継がれるジャニーズの“伝統”

『FNS歌謡祭』では嵐の「サクラ咲ケ」を美 少年がカバー!名曲が色褪せずに受け継がれるジャニーズの“伝統”

ジャニーズの名曲といえば、嵐の「Love so sweet」(2007年)や、少年隊の「仮面舞踏会」(1991年)など、ファンのみならず、それぞれ頭に浮かぶものがあるのではないだろうか。そういった楽曲たちは、本人たちに大切に歌い続けられる一方、音楽番組やコンサートなどで、ジャニーズの後輩メンバーが披露する機会も多い。3月23日の午後7時より放送のフジテレビ系『2022FNS歌謡祭 春 名曲ライブラリー』では、ジャニーズJr.の美 少年が嵐の「サクラ咲ケ」を歌唱することが、放送前から大きな話題となっている。本記事では、そうして先輩から後輩へと継承されていくジャニーズの名曲に関する伝統に注目したい。

【関連】美 少年・那須雄登、大学の先輩・櫻井翔から“ジャニーズと勉強はどっちも100%で”とアドバイス

今回、美 少年のメンバーがパフォーマンスする「サクラ咲ケ」は、2005年に発売された嵐の楽曲。グループの活動休止前に行われたラストライブ『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』でも披露された人気曲で、今回、美 少年のメンバーがカバーするにあたり、SNS上では放送前から既に「美 少年が歌うサクラ咲ケとっても楽しみです!」「嵐のサクラ咲ケ歌うとか最高か!」といった、期待の声が多く寄せられた。

美 少年のメンバーは「サクラ咲ケ」について“ジャニーズJr.がコンサートでよくカバーしており、必ず盛り上がる楽曲”と、番組公式Twitterで公開された告知動画で説明しており、先輩グループの名曲は後輩たちにも受け継がれ、今もステージの上で輝き続けている様子がうかがえる。

また、NHK・Eテレで放送中の人気アニメ『忍たま乱太郎』のオープニングテーマとして有名な光GENJIの名曲「勇気100%」も、これまでSexy Zoneなどの多くのジャニーズグループがカバーしている。4月4日から放送の第30シリーズでは、総勢11名のジャニーズJr.が歌唱するバージョンが使用されることも発表されており、子供たちから長く愛され続けているであろう、同楽曲が、ジャニーズJr.たちのフレッシュな歌声で新しく生まれ変わり、アニメの放送30年記念を彩る。

歌唱でのカバーだけでなく、YouTubeチャンネル「+81 DANCE STUDIO」では、ジャニーズJr.のTravis Japanのメンバーが、ジャニーズのさまざまな名曲をダンスカバーした動画が公開されている。今年1月に投稿されたSMAPの「SHAKE」のダンスカバー動画は、振り付けをKing & Princeの高橋海人が担当。また、ダンスにも共に参加しており、コメント欄では、Travis Japanのパフォーマンス力に絶賛の声が集まると共に、「このコラボは本当に嬉しい」「SMAPへのリスペクトも感じる」などの喜びの声も寄せられている。グループの垣根を超えたカバーは、それぞれのファンが新たな魅力を発見できるきっかけの1つにもなっているようだ。

音楽番組やコンサート、YouTubeといったさまざまな場所で、ファンや後輩グループから愛され続けているジャニーズの名曲たち。伝統的に受け継がれることで、その魅力は令和の現在も色褪せることなく、たくさんの人々に届くのではないだろうか。この季節にピッタリの「サクラ咲ケ」を、春らしいピンクの衣装に身を綴んだ美 少年のメンバーたちがどのようにパフォーマンスするのか、注目してみてはいかがだろう。

※高橋海人の「高」ははしごだか

関連記事(外部サイト)