乃木坂46・賀喜遥香、久保史緒里ら、歌唱力でグループを支える“歌うま”メンバー

乃木坂46・賀喜遥香、久保史緒里ら、歌唱力でグループを支える“歌うま”メンバー

3月28日に放送される『CDTVライブ!ライブ!春の4時間スペシャル』(TBS系)に乃木坂46が出演。乃木坂46のパフォーマンスのみならず、久保史緒里・賀喜遥香・柴田柚菜の3人が松たか子の「明日、春が来たら」をカバーするとあって、放送前から話題となっている。そこで、本記事では、乃木坂46の歌唱力が高く評価されているメンバーに注目してみた。

【関連】遠藤さくら・賀喜遥香ら、乃木坂46で活躍が期待される“新世代”4期生メンバー

ミュージカル女優としても活躍していた生田絵梨花が卒業した今、乃木坂46で歌唱力に注目が集まるメンバーといえば久保史緒里ではないだろうか。2021年2月10日のブログで、2021年の目標を“声を鍛える”とし、「声を鍛え、その声で誰かを救えるような人間になりたい」と綴っていた久保。その言葉の通り、舞台『夜は短し歩けよ乙女』では初挑戦したポエトリーラップで透明感のある歌声を届けた。また、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で生田、賀喜とともに「やさしいだけなら」を披露した際には、「しーちゃんの圧倒的表現力」「ハモリがとても綺麗」といった称賛のコメントが相次いで寄せられるなど、聴く人の耳と心を楽しませている。

28thシングル『君に叱られた』でセンターも務めた賀喜遥香も、歌唱面で期待されているメンバーの一人。2020年に開催された『8th YEAR BIRTHDAY LIVE』では、「強がる蕾」をソロで披露し、涙を流しながらも一生懸命歌を紡ぐその姿は多くの感動を生んだ。久保と同様に『THE FIRST TAKE』に出演した際には、“すごく緊張しました”としながらも、「私なりの精一杯をだせたんじゃないかなと思います」とブログで充実感をにじませていた。ライブでのソロやセンターを経験し、大きく成長したであろう彼女が乃木坂46の新たな歌姫となるのは時間の問題ではないだろうか。

久保、賀喜と並ぶ形で「明日、春が来たら」を披露するメンバーに選ばれたのが柴田柚菜。29thシングル『Actually…』では初の選抜入りを経験し、今注目のメンバーと言えるだろう。柴田といえば、『乃木坂スター誕生!』(日本テレビ系)でZARDの「揺れる想い」やMr.Childrenの「innocent world」、安室奈美恵の「Chase the Chance」など、歌声を披露することが多く、2021年10月放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)では久保ともに、プリンセスプリンセスの「M」を歌唱し、ファンからは「歌声が最高に良かった」「柚菜ちゃんの伸びやかな声最高だった」といったコメントがSNSに上がっていた。今回の放送でも、また彼女の歌声に注目が集まることは間違いないだろう。

グループの次世代を担う4期生には賀喜や柴田のほかにも歌唱力の高いメンバーが揃っており、林瑠奈もその一人だ。3月24日に開催された『北野日奈子 卒業コンサート』を鑑賞していたという元乃木坂46の伊藤かりんが「林瑠奈ちゃんのお歌がうまかったです」と言及するなど、その歌声は多くの人を魅了している。『乃木坂スター誕生!』で中森明菜の「少女A」を歌唱した際には、番組終了後のTwitterで「いわゆる普通の17歳である林、曲の雰囲気に合わせられるよう、できる限りがんばりました」と楽曲を披露するにあたり努力をしていたことを明かしており、放送を見たファンも「歌唱力もあって、この曲はピッタリだった」「発声がしっかりしてるし、声質も良い」と、林の表現力を称賛していた。

そしてもう一人期待されているのが、弓木奈於。他の4期生と同じく『乃木坂スター誕生!』で注目を集め、ダイアモンド☆ユカイとデュエットした「男と女のラブゲーム」では大人の色気を見せるなど、歌唱力だけではない高い表現力を発揮していた。同番組の公式Twitterに投稿されている動画では、「ボイトレとか今までやらせていただいて、4期生歌良くなったねって言ってもらえることが増えた」と話しており、他の4期生と同様に弓木の歌声が注目される日も遠くはないだろう。

どうしてもグループとしてのパフォーマンスに注目がいきがちではあるが、一人ひとりを見ていくと歌唱力に優れたメンバーが数多く在籍している乃木坂46。『CDTVライブ!ライブ!春の4時間スペシャル』では、全体のパフォーマンスはもちろん、久保・賀喜・柴田3人の歌声にもしっかりと耳を傾けてみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)