乃木坂46秋元真夏、“盛り上げ隊長”北野日奈子の卒業に心境吐露「めちゃ寂しい」

乃木坂46秋元真夏、“盛り上げ隊長”北野日奈子の卒業に心境吐露「めちゃ寂しい」

3月27日放送の文化放送『秋元真夏(乃木坂46) 卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ サンデー』に、乃木坂46の秋元真夏が出演した。

【関連】乃木坂46秋元真夏「めちゃめちゃ異例だった」芸能活動休業の事情を語る

番組中、卒業を発表している2期生の北野日奈子の話題になると秋元は「もう卒業ライブが終わってしまってあともうちょっとかな?乃木坂の期間は」「やっぱり私は1期生で乃木坂入ったんですけど、1年ぐらい活動休止して活動始めたっていうこともあって、より2期生とは距離が近いというか、活動期間も近くて」「ほんとに私たちからしても同志みたいな感じがするし」とコメント。

続けて「あとは1期生たちがちょっと怖気づいてしまうようなこととかも、2期生は『いけますよ、頑張ってやりましょうよ』みたいな。先輩たちの気持ちを上げてくれる後輩、士気を高めてくれる後輩たちっていうイメージがすごくあって。1人1人個性も強いし」「そんな中できいちゃんは、ほんとに明るくて。乃木坂ってやっぱり大人しいとか、そういうイメージ持たれがちだったんですけど、その中で盛り上げ隊長というか。それがガチャガチャした盛り上げっていう感じではなくて、気持ちよく明るくなれる感じとか」「みんなが疲れた表情してる時に声をかけに来てくれたりとか、気にかけてくれる、そういう優しさがある後輩だなって思いますね」と北野について話した。

さらに、「ほんとリハーサルとかいないの変な感じだし、めちゃ寂しいんですよ」「きいちゃんいないのヤダなと思って、連絡取ったりとかすることもあるぐらいなんですけど」といい、卒業後は北野と一緒に買い物に行く約束をしていると明かしていた。

関連記事(外部サイト)