「嫉妬しちゃって」滝沢カレン、親友・横澤夏子の夫と初めて会った時のエピソード明かされ謝罪

「嫉妬しちゃって」滝沢カレン、親友・横澤夏子の夫と初めて会った時のエピソード明かされ謝罪

3月26日に放送されたTBS系『王様のブランチ』に、滝沢カレンと横澤夏子がVTR出演した。

【関連】近藤春菜、滝沢カレンから“家には上げられない”と言われた理由明かし「そんな人だと思ってるの?」

番組では、“横澤夏子のおもてなしグルメ”と題して、横澤が親友だという滝沢におすすめのお店を紹介する企画を放送。

この中で、横澤は滝沢との“忘れられないエピソード”として、「初めて私の旦那を紹介したとき、『あぁ、これが横澤夏子さんの旦那ですか?』って言って」と振り返って周囲の笑いを誘うと、滝沢は「違う、変な意味じゃなくてですよ!嫉妬しちゃって」とコメント。

続けて横澤は、「カレンちゃんがぐいぐいうちの夫に『あの、写真とってもらえますか?』って言って、みんなで撮るんだと思ったら『いや、私と横澤さんを』みたいな」「撮ってもらったら『ちょっと画角が…』とか言って」と滝沢が横澤の夫に写真撮影を頼むも、何回も撮り直してもらっていたと明かした。

これに対して、滝沢は「そうあれね、300枚くらい撮ってもらった。ほんと申し訳ない」と補足しつつ謝罪すると、横澤は「すごく気さくな感じでね、うちの家族にもよくしてくれるからすごい嬉しいです。これからも仲良くね」と話していた。

関連記事(外部サイト)