麒麟・川島、“150万円”で購入した『ラヴィット!』1周年記念の品とは?「一生使おうと…」

麒麟・川島、“150万円”で購入した『ラヴィット!』1周年記念の品とは?「一生使おうと…」

3月30日、TBS系『ラヴィット!』に麒麟・川島明が出演した。

【関連】麒麟・川島、コロナ感染拡大で『ラヴィット!』出演者に大打撃?「誰がレギュラーかも…」

昨年の3月29日から始まった同番組は、今週は“1周年記念ウィーク”として放送。MC・川島もロケ企画に初参加した。

その中で川島は、「ちょっと見ていただきたいものがありまして」「エルメスの財布なんです」「買って数年大事に使ってるんですけど」とコメントすると、ファスナー部分が壊れている財布を公開し、新しい財布を買いに行きたいと提案した。

その後、同番組の開運ロケなどにも登場した占い師とともにブランド財布を扱う店舗に訪れた川島は、エルメスを使っている理由として「競馬が大好きなんで。エルメスって元々馬具を扱ってた、フランスでね。それでゆかりがあるんで。自分が馬好きということで」といい、新たに購入する財布に関しても「エルメスが1番、第1希望」とコメント。

そして、占い師が新しい財布を買う時のポイントとして、“今使っている財布より高価なものが良い”などとアドバイスすると、川島は「(今使っているものは)48万」と明かし「かなり無理しましたよ、当時は」と話した。

そして最終的に川島は、エルメスの“ベアンスフレ クロコダイル アリゲーター”の長財布を150万円で購入したと明かし「『ラヴィット!』も2年目皆さんのお陰で迎えられたんで、一生使おうということで」と話していた。

関連記事(外部サイト)