生田絵梨花、スマホにまつわる“ギリギリ”なクセを明かす「せめぎあいに追われてる」

生田絵梨花、スマホにまつわる“ギリギリ”なクセを明かす「せめぎあいに追われてる」

4月3日、日本テレビ系『ニノさん』に、生田絵梨花が出演した。

【関連】乃木坂46生田絵梨花、アイドルとしての輝きと努力で掴んだ“ミュージカル女優”の夢

番組中、生田には聞きたいことがあるとして、「私スマホのバッテリーが1%になるまで充電しないっていうクセがあって」と切り出すと、「いつも電源が落ちるか私がコンセントに繋ぐかっていう、どっちが早いかのせめぎあいに追われてるんですね」「みなさんは何%ぐらいになったら充電するものなのかなって」とコメント。

それに対し、出演者が「でも1日で90(%)ぐらいは使うと思う」「“省エネモードにしますか?”って聞かれなかった日はない」といい、Sexy Zone・菊池風磨が「僕もほんとに1〜2%まで粘りますね」と話すと、生田は「やっぱそうなんだ」とコメント。

さらに菊池が「負けた気するんですよね。なんか20〜30%で充電しちゃうと負けた気がしません?」と振ると、生田は「あ、わかります!」と意気投合していた。

関連記事(外部サイト)