近藤春菜、綾瀬はるかの代役で月9ドラマ撮影に“飛び入り参加”したと明かしスタジオ驚き

近藤春菜、綾瀬はるかの代役で月9ドラマ撮影に“飛び入り参加”したと明かしスタジオ驚き

4月6日、フジテレビ系『TOKIOカケル』にハリセンボンの近藤春菜が出演した。

【関連】近藤春菜、『スッキリ』卒業後のギャラの変化に言及「結構でかいっすね」

番組では今回、4月11日より放送が開始される月9ドラマ『元彼の遺言状』に出演している、綾瀬はるかがゲストとして登場した。

近藤は、同ドラマに出演している森カンナと仲が良く、頼まれて撮影現場に直接差し入れを行ったと前置きすると、「ちょうど綾瀬さんがシーンを撮る時で、その代役?カメリハ(カメラリハーサル)の代役で、私やったんですよ」と明かしてスタジオを驚かせた。

この時の近藤について、綾瀬が「すっごい素晴らしかったんですよ、演技が」と絶賛する中、近藤は「綾瀬さんがその場で、『私の台詞こうなんで』って教えてくれて、やったんですけど」と回想。

また、その後、春菜がカメラリハーサルに参加して綾瀬と同じセリフを口にし、周囲から笑い声が上がる映像が公開されると、スタジオからは「月9ってそんな、ファミリーな感じで作ってる?」といった声が上がっていた。

関連記事(外部サイト)