なにわ男子・大西流星、ジャニー喜多川氏との会話で“後悔していること”を明かす「関西の愛が強くて…」

なにわ男子・大西流星、ジャニー喜多川氏との会話で“後悔していること”を明かす「関西の愛が強くて…」

4月12日に放送された日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に、なにわ男子の大西流星が出演した。

【関連】近藤春菜、なにわ男子・大西流星の女性に対する“罪な発言”に「責任取んなきゃダメだよ」

番組では、“実はいまだに悔いが残っていること”というエピソードについてトークを展開。この中で、大西は「やっぱり僕、関西ジャニーズJr.なので、やっぱりこうジャニーさん(故・ジャニー喜多川氏)と会う機会が東京Jr.よりも少なかったんですよね」と切り出した。

続けて「だから先輩からも、『ジャニーさんと喋れる時にジャニーさんのボケだけは返せ』みたいなことは言われてきてて」「ジャニーさんて関西のメンバーと話すときは関西弁になったりするんですよ」と説明。

その上で「関西の愛が強くて、飴ちゃんを持ってきて、『ほなあんたらにはたこ焼きさんあげるわぁ』ってボケてくださったんですけど…僕その時まだ小6とかだったので、『いただきます』しか言えなかったんですよ」と振り返った。

さらに、大西が「今やったらもう『たこ焼きにして食べたろかぁ!』みたいなことも言える」と意気込むと、明石家さんまは「それはあかん、それはあかん!その返ししないで良かった」とツッコミを入れ、スタジオの笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)