BE:FIRSTのドラマ主題歌が首位!今注目の歌詞ランキングにUru、BiSHら初登場

BE:FIRSTのドラマ主題歌が首位!今注目の歌詞ランキングにUru、BiSHら初登場

歌詞検索サービス「歌ネット」が、4月14日付の「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位には、BE:FIRSTの「Betrayal Game」が初登場。2022年4月25日に配信リリースされる新曲であり、滝藤賢一と広瀬アリスがダブル主演を務める木曜ドラマ『探偵が早すぎる〜春のトリック返し祭り〜』の主題歌だ。BE:FIRSTの新たな側面を感じることが出来るダンスナンバー。eillと宮田“レフティ”リョウによるソウル感溢れるトップライン、SKY-HIがドラマのストーリーから着想を得て書き上げたリリック、A.G.Oによるグルーヴィーでダンサブルなトラックが一体化した1曲に仕上がっている。

2位には、Novelbrightの「愛とか恋とか」が初登場。2022年4月15日にリリースされた新曲であり、5月18日にリリースするメジャー2ndフルアルバム『Assort』にも収録。歌は<月曜日の朝 憂鬱な気持ちも 君と会う日を思い浮かべれば いつもの道に優しい風が吹き 心弾ませ今日が始まるよ>と幕を開ける。愛とか恋とかでは言い表し尽くせない、大切な<君>への想いが溢れる1曲となっている。

5位には、Uruの「それを愛と呼ぶなら」が初登場。2022年4月24日に配信リリースされる新曲であり、二宮和也が主演の日曜劇場『マイファミリー』主題歌として書き下ろされた。作詞・作曲をUru、編曲を「あなたがいることで」以来2度目のタッグとなる小林武史を迎えて制作。後悔や失敗を経験したからこそ気付くことの出来る想いを描いた、聴く人の背中を鼓舞するような力強くも包容力のある楽曲となっている。

7位には、BiSHの「ごめんね」が初登場。2022年4月20日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、2022年12ヶ月シングル連続リリース企画の第4弾にあたる作品。NHK『みんなのうた』の2022年4〜5月の新曲として、NHK Eテレでオンエアがスタートした。大切な人に向けて、つい口に出てしまった言葉への後悔と反省を歌った歌詞が印象的な楽曲で、パンクやロックテイストの楽曲が多いBiSHの新たな一面を感じさせる、幅広い年代が親しみやすい童謡風の内容となっている。

10位には、the peggiesの「ハイライト・ハイライト」がランクイン。2022年4月20日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、4月9日からTOKYO MX、BS11にて放送がスタートしたTVアニメ『くノ一ツバキの胸の内』オープニングテーマだ。北澤ゆうほ(Vo.&Gt.)は、同曲について「彼女たちの抱えるモヤモヤをゆるやかに紐解いていくような楽曲に仕上がったと思います。分からないことばかりの世界に戸惑ったり躓くこともあるけれど、私を輝かせるのはいつだって私だ!進めー!」とコメントしている。

【2022年4月14日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 Betrayal Game/BE:FIRST2位 愛とか恋とか/Novelbright3位 CALL 119/INI4位 We Are/INI5位 それを愛と呼ぶなら/Uru6位 茉莉花 -Jasmine-/iScream7位 ごめんね/BiSH8位 ロマン/黒木渚9位 点と線 feat.さとうもか/美的計画10位 ハイライト・ハイライト/the peggies

関連記事(外部サイト)