藤本美貴、小5長男の“反抗期の入り口”を実感する変化明かす「ちゃんとした…」

藤本美貴、小5長男の“反抗期の入り口”を実感する変化明かす「ちゃんとした…」

4月19日、藤本美貴が自身のYouTubeチャンネル『ハロー!ミキティ』を更新。長男の“思春期”について話す場面があった。

【関連】「揚げ物はバットのまま」藤本美貴、“時短”夕飯を公開し共感の声「わかります」「親近感」

今回の動画では、ゲストにスザンヌを迎えて様々なトークを展開。その中でスザンヌが「今5年生でしょ?」「思春期が差し掛かってきてない?」と投げかけ、自身の子どもに対しては「3年生はまだ『ママ!ママ!』って感じなの。だけどお友達に聞くと5〜6年生から急に来るって言うから」とコメント。

それに対し藤本は、「でも、うち3年生ぐらいからやっぱり私には強く当たるけど、旦那さんには“普段怒んないけど怒ったら怖い”みたいなので、旦那さんの言うことは聞くけど私の言うことはちょっと聞かなくなってきた」と、夫・品川庄司の庄司智春の言うことは聞くが、自身には反抗することもあったと長男について話した。

続けて、「3年生ぐらいから始まってきて、もう5年生はちょっとちゃんとした口答えしてくる」といい、「こっちも理不尽なことを言ったりするじゃん。それをもう見抜いてくる」「『この間はこうやって言ってたのに』とかって言い出すから、『そういうもんだから』みたいな」「『人生そういうもんだから』みたいな。『この間と今日は違うから』みたいな」と笑い交じりにコメント。

それを聞いていたスザンヌが「ますますハテナ」と笑いながら話すと、藤本は「ハテナに誤魔化していくしかないよね、こっちも」と話していた。

その後、藤本は「もう5年生だけどうちは結構甘えん坊タイプだから、全然。『ママ抱っこして』とか。『手繋ごう』とかって言うから、こっちが断ってる」「ちょっと今いいから。みたいな」「今そういう時じゃない、みたいな。気分じゃない」とも話し、笑いを誘っていた。

また、動画内では他にも、スザンヌが高校に通おうと思ったきっかけなどについても話している。

関連記事(外部サイト)