乃木坂46、10周年記念ライブ目前!3・4期生への“世代交代”と5期生加入を経たグループの未来

乃木坂46、10周年記念ライブ目前!3・4期生への“世代交代”と5期生加入を経たグループの未来

2022年2月22日でCDデビューから10年を迎え、5月14日〜15日には、日産スタジアムで『乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE』が開催される乃木坂46。ここ1年を振り返ると、1〜2期生の相次ぐ卒業や新たな5期生の加入などの動きが特徴的で、グループが変革の時を迎えていることがうかがえる。そこで本記事では、『BIRTHDAY LIVE』開催を控える乃木坂46の直近の活動を辿ると共に、グループが見据える未来についても考察したい。

【関連】乃木坂46齋藤飛鳥ら、楽器演奏やダンスなど多彩な個性でグループの可能性を広げるメンバー

2021年の大きなトピックといえば、相次ぐ1〜2期生の卒業だろう。堀未央奈や松村沙友理 、高山一実、生田絵梨花といった、乃木坂46を草創期から引っ張ってきたメンバーの卒業ラッシュとなり、ファンに大きな衝撃を与えることとなった。2022年も、ラジオパーソナリティとして独自の活躍をしてきた新内眞衣、堀と同様に2期生の中心にあった北野日奈子らが卒業を迎えており、乃木坂46の一時代の締めくくりを予感させた。

その一方で、26thシングル『僕は僕を好きになる』では山下美月、27thシングル『ごめんねFingers crossed』では遠藤さくら、28thシングル『君に叱られた』では賀喜遥香といった、3〜4期生のセンター抜擢が続いた。山下がブログで「乃木坂が素敵なグループであり続けられるように努めたい」とセンターとしての自覚を覗かせ、さらに2021年11月には梅澤美波が副キャプテンに就任した際のブログで、「後輩という立場に周り過ぎるのではなく、 間もなく5期生の加入もありますし 伝えていくことに目を向けていかなければならない」と後輩への思いも綴っている。今の3・4期生にはグループを引っ張っていくという思いが芽生えているようだ。

また、今年2月には、卒業した新内の後任として久保史緒里が『乃木坂46のオールナイトニッポン』のパーソナリティに抜擢、6月には賀喜が1st写真集『まっさら』(新潮社)を発売、山下がNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演が決定するなど、個人としても3・4期生を中心に活躍の幅が広がっている。彼女たちのこうした意識の芽生えや活動からは、乃木坂46がグループとして順調に新しい世代へバトンを渡していることがうかがえる。

さらに、2022年2月には5期生が新たに加入。4月からは5期生メンバーによる番組『新・乃木坂スター誕生!』(日本テレビ系)もスタートするなど、活躍が著しい。冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、既に5期生のPR企画が行われており、池田瑛紗の絵の上手さや冨里奈央のモノマネが話題となるなど、それぞれが個性をアピールしている。なお、4月28日から始まった5期生の公式ブログは、リレー形式で更新されており、1番目となった五百城茉央は「成長をしていろんなことができる人になっていきたい」と意気込みを見せている。フレッシュな5期生の活躍に期待したいところだ。

5月7日に配信された『乃木坂4.6時間TV』(ABEMA)では、これまでのヒット祈願ロケ振り返りやミニコーナーなどが放送され、5期生も参加し話題となった。さらに、現在10年という節目を迎えた『BIRTHDAY LIVE』開催の記念として、YouTubeチャンネル「乃木坂配信中」では、5期生ドキュメンタリーとメンバーの個人PVが公開されており、ライブに向けてファンの気持ちを盛り上げている。CDデビュー10周年を迎え、新たにパワーアップした乃木坂46の歩みに、これからも注目していきたい。

関連記事(外部サイト)