藤田ニコル、24歳にして“衰えを感じた”出来事とは?「なんとか若さで今までは…」

藤田ニコル、24歳にして“衰えを感じた”出来事とは?「なんとか若さで今までは…」

5月21日に放送されたTBSラジオ『藤田ニコルのあしたはにちようび』に、藤田ニコルが出演した。

【関連】藤田ニコル、水着撮影で“美ボディ”を披露するためのダイエット法「リバウンドをしないような…」

番組のオープニングトークで、藤田は「だいぶちょっと前になるんですけど、放送された『ロンドンハーツ』の運動会がね、今年もありまして。参加してきました」「18(歳)から出てて私は今24歳です。そりゃあね…もう見た人は分かると思うんですけど今回のそのロンハーの運動会もダメダメだったんですよ」と切り出し、5月3日に放送されたテレビ朝日系『ロンドンハーツ』の“女性芸能人スポーツテスト”企画について回想。

続けて「ほんと年齢で若くて体力もあってなんとか若さで今までは頑張ってたんだなぁって、結果を残せてたんだなぁってすごい思った年でしたね、今年は」「もう走っても、自分も早く走ってるつもりなんだけど、脳みそはね?体が全くついてかない」といい、「結果的に真ん中くらいかな?」「20人くらいいる中のほんと真ん中」「今回10位です。今までは上位にいました。4位とか。それでも中途半端だけど」と以前より落ちてしまったスポーツテストの結果にショックを受けた様子を明かしていた。

また、その上で「だからほんとに次のロンハーの運動会になったら、やっぱ水着の撮影くらいね、ほんと前々からやんなきゃいけないなトレーニングをって思いました」「やっぱジム行ってるけど、筋トレと走るのが速くなるってまた別問題だから。やっぱ走るのが速くなりたい」「なんか24歳でこんなに体力が落ちてってるのも悲しいしね」などと話していた。

関連記事(外部サイト)