加藤浩次、松山ケンイチとの大河ドラマ撮影で起きた驚きのミスとは?「ほぼ全部…」

加藤浩次、松山ケンイチとの大河ドラマ撮影で起きた驚きのミスとは?「ほぼ全部…」

5月24日、日本テレビ系『スッキリ』に加藤浩次が出演した。

【関連】加藤浩次、北京パラでメダル獲得のウクライナ選手に心痛「本当に喜べていないと…」

番組では今回、大河ドラマに初出演するというハナコの岡部大がVTRにて登場し、過去に大河ドラマで俳優経験のある加藤に対して、「大河の大先輩に聞きたいです!現場の雰囲気とか、これは気を付けた方がいいよ、みたいな。これはやっといた方がいいよとか」「そこらへん、どうしてたのかなっていうのを、お聞きしたいですね」と質問する場面があった。

スタジオの加藤は「これ完全イジってますね」とツッコミを入れつつも、「しっかり滑舌よく言った方がいいと思う、台詞は」と、具体的なアドバイスを行った。

また、「なぜかというと、俺ね、広島のね、呉の方までロケ行ったんですよ」「船の中で、松山ケンイチ君と対決シーンみたいなのあったんですよ」とドラマの撮影を振り返り、自身の滑舌が悪すぎたあまり、ほとんどのセリフをアフレコで後から録り直したと明かすと「『加藤さん、何言ってるかわからない』って」「ほぼ全部だったんだよ、びっくりしたよ」と苦笑いで話していた。

関連記事(外部サイト)