EXIT兼近「すごい気まずかった…」エレベーターで乗り合わせたプロデューサーの“ブチ切れ発言”明かす

EXIT兼近「すごい気まずかった…」エレベーターで乗り合わせたプロデューサーの“ブチ切れ発言”明かす

5月24日、フジテレビ系『めざましテレビ』に、EXIT(兼近大樹・りんたろー。)がVTR出演。兼近が、“これは謎だったと思うこと”を明かした。

【関連】EXIT兼近、指原莉乃との“交際のウワサ”に言及「レギュラー番組一緒にやってて…」

兼近は、「1年以上前なんですけど、テレビ局のエレベーターに僕が撮影で乗ったんですよ。1人ブチ切れてるプロデューサーみたいな方がいらっしゃって」と切り出すと、そのプロデューサーは“第7世代”の特集のキャスティングについて、語気を強めて話していたと説明。

続けて「『なんでハナコ無理なんだよ、おかしいだろ!霜降り明星は!?どうなってんだよ!』って。『誰だったらいけるんだよ?ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)だったら意味ねぇだろ!言ってんだろ、意味ねぇって!』」とプロデューサーの様子を再現し、これにりんたろー。は笑い声をあげつつ、「意味ねぇってなんだよ。おもろくなんのにねぇ、ナダルさんいたら」とコメント。

これを受け、兼近も「第7世代特集、ナダルさんじゃ意味なかったって。あれが謎で謎でね、すごい気まずかったです」と振り返っていた。

関連記事(外部サイト)