セカオワの映画主題歌が1位獲得!歌詞注目度ランキングに吉岡聖恵、福原遥ら初登場

セカオワの映画主題歌が1位獲得!歌詞注目度ランキングに吉岡聖恵、福原遥ら初登場

歌詞検索サービス「歌ネット」が、5月26日付の「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にSEKAI NO OWARIの「Habit」が輝いた。2022年6月22日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、映画『ホリック xxxHOLiC』主題歌だ。MVは、セカオワ史上最高難度のダンスビデオ。ダンサーの数や撮影規模だけではなく、メンバー達が長期に渡ってレッスンを受けて臨んだ撮影となった。“自分で自分を分類してしまう悪い習性(=Habit)を壊せ”という曲のテーマを表現したMVとなっている。

4位には、Uruの「セレナーデ」がランクイン。2022年6月1日にリリースされるニューシングル『それを愛と呼ぶなら』に収録される楽曲だ。作詞・作曲をUru本人、編曲をトオミヨウが担当した、胸を締めつけられるほどもどかしく美しい、大切な人への一途な想いを丁寧に歌った楽曲となっている。なお、この曲から派生した短編の物語を書き下ろしとして収録した、Uru初の短編集「セレナーデ」をデビュー記念日となる6月15日にKADOKAWAより発売することが決定している。

5位には、神はサイコロを振らない × Rin音の「六畳の電波塔」が初登場。2022年6月3日にデジタルリリースされる新曲であり、今この時代に訴えたい“平和への願い”を歌った、Rin音とのコラボレーション楽曲だ。「たった一つ叶うなら うたで世界を救いたい」 という柳田周作のまっすぐな想いをもとに、若手アーティスト2組がそれぞれの観点から、争いごとの絶えないこの世界に疑問を投げかけ、愛と平和を歌い、世界を変えようと声を上げている楽曲となっている。

6位には、吉岡聖恵の「凸凹」が初登場。2022年6月15日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、TVアニメ『カッコウの許嫁』のオープニングテーマだ。番組共演やプライベートで吉岡とも親交の深い長屋晴子(緑黄色社会)に依頼し、制作が実現。艶やかな雰囲気をまとった王道ポップチューンとなっている。アニメの世界観と合わさって、多彩な表情を見せること間違いなしの1曲だ。

10位には、福原遥の「シャボンのひと」が初登場。2022年6月8日にリリースされる1stアルバム『ハルカカナタヘ』の収録曲であり、蒼山幸子(ex.ねごと)プロデュースによる楽曲だ。蒼山は同曲について、「初めてお会いした時、いるだけでその場が清らかになるような、柔らかな透明感のある方で、そしてそれが全部声に現れているのが素敵だなと思いました。この声に似合う、儚くて淡い世界を描きたいと思い、「シャボンのひと」という曲を書かせて頂きました。」とコメントしている。

【2022年5月26日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 Habit/SEKAI NO OWARI 2位 Treasure/ビッケブランカ 3位 初恋が泣いている/あいみょん 4位 セレナーデ/Uru 5位 六畳の電波塔/神はサイコロを振らない × Rin音 6位 凸凹/吉岡聖恵 7位 O・La/chelmico 8位 水色と空色/藤井フミヤ 9位 未完成タワー/藤井フミヤ 10位 シャボンのひと/福原遥

関連記事(外部サイト)