乃木坂46賀喜遥香、同期・清宮レイの予想外?だった発言を明かす「知らないみたいだった」

乃木坂46賀喜遥香、同期・清宮レイの予想外?だった発言を明かす「知らないみたいだった」

6月9日放送のTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』内の『乃木坂LOCKS!』に、乃木坂46の賀喜遥香が出演した。

【関連】遠藤さくら・賀喜遥香ら、乃木坂46で活躍が期待される“新世代”4期生メンバー

番組の中で、翌週の放送ではゲストとして、賀喜と同じく乃木坂46の4期生である清宮レイと松尾美佑が登場するという話題が展開される場面があった。

この中で賀喜は、過去に清宮と松尾のラジオに出演したことがあると切り出すと、「そこでレイちゃんに、『“乃木坂LOCKS!”聞いたことありますか?知ってますか?』『“SCHOOL OF LOCK!”聞いたことありますか?』って聞いたら、『ん!?んん!!んふふふ…』って言われちゃって。ちょっと、知らないみたいだったので…」と、清宮が番組の存在を知らなかった可能性があると説明。

続けて「もうここに来たら知るしかないですよ!ここに来たら副担任ですから!」「それが私楽しみなの。ぜひね、待ってます」と、自身を“副担任”、リスナーを“生徒”とする同番組に、2人が出演することが待ち遠しい様子を見せていた。

関連記事(外部サイト)