岩田剛典、ディーン・フジオカとの共演で驚いたこと明かす「なんかもうすごすぎて…」

岩田剛典、ディーン・フジオカとの共演で驚いたこと明かす「なんかもうすごすぎて…」

6月16日に放送されたフジテレビ系『めざまし8』に、ディーン・フジオカがVTR出演。映画共演した岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)からのメッセージが読み上げられる場面があった。

【関連】「最高のバディ」岩田剛典、ディーン・フジオカとの『シャーロック』2SHOTに反響「スーツ似合いすぎ」

岩田はディーンに驚かされたエピソードとして、「撮影現場で話していたときに、マネージャーさんとは中国語で話して、電話では英語で話されていて、監督やキャストとは日本語で話されていて、なんかもうすごすぎて最初は驚きました」と番組にメッセージを寄せた。

この流れで、他の出演者から「高校卒業後、まずはアメリカに行かれたんですか?」と話を振られると、ディーンは「はい。もっと早く行きたかったんですよ、本当は。それこそ13、14(歳)ぐらいの頃には留学したいなと思ってましたね」と切り出し、日本からシアトルへ、シアトルから香港へと、さまざまな国を巡った経験について語った。

関連記事(外部サイト)